マッド・マックスの直管Z1000の走行シーンを集めてみた!

Z乗りには定番映画の「マッド・マックス」(1979年公開)。主人公のメル・ギブソンが元白バイ警官役に扮し直管のカフェレーサー仕様のZ1000に乗り、悪役暴走族たちが乗る単車もZ1やCB、マッハという、まさに宝物が詰まった、今となっては昔のオーストラリア映画。

そして1985年の第3作「マッド・マックス/サンダードーム」の公開から30年の時を経て第4作「マッド・マックス 怒りのデスロード」が6/20より公開されるので、巷ではかなり話題沸騰しているようです。まあ、話題といっても迫力ある爆発シーン、カーチェイスの方がメインで、登場するバイクに言及している人は殆どいませんが・・・何しろ今回の作品でもっとも話題になってるのが

殆どのシーンが実写撮影で、CGを使っていない

というところ。撮影した映像に対して映像加工処理(VFX)は施してるけど、CGで描くということはしてないみたいです。

でもやっぱりマッド・マックスといえば歴史に残る迫力のカーチェイスとオーストラリア産暴走族の旧車たちの走行シーンが観たい!ということで、元祖「マッド・マックス」の劇中での旧車たちの走行シーンを集めてみました。

個人的に一番好きなのは、直管Z1000のエンジン始動&加速シーン。ここだけ何度も何度も繰り返して観たくらいです。

下の映像は最新作の予告編!それにしてもこの映画のサブタイトル「怒りのデスロード」というのがなんとも古くさい(良い意味で)ので、また旧車たちがたっくさん出てくれば良いのですが、予告編を見る限りは直管Z1000は出てなさそうです・・・

悔しいので最後に、マニアおじさんのGooseレプリカ車両の映像。うーん・・やっぱりいい音くれてるなぁ・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP