「君はどこにでも行ける」ホリエモンに触発されて、本サイトを英語対応させた

ホリエモン著作の「君はどこへでも行ける」という本を読みながら若干興奮ぎみです。

 

本を開いてみると、世界中を旅して回ったホリエモンからみて、日本の先進的な部分と日本が世界レベルで見て大きく遅れをとっている部分を、とても具体的に指摘しています。

 

horiemon

 

日本の高品質なサービスがいかに世界レベルで優れていて、いかに世界から注目されているか?それらをいかに海外へ発信していくか?このことが大きな国益につながることを具体的な例を挙げて書かれています。

 

中国人による爆買いや観光地での習慣の違いから来るマナー問題など、外国勢が日本に進出することは「迷惑」「脅威」であるかのように報道されることが多いけど、これは日本のサービスや製品、観光地が注目されている証拠であると。

 

日本でサービスや製品を体験した外国人が満足すれば、世界中に勝手に宣伝してくれる。だからもっともっと外国人を呼び込んで、どんどん良さを発信していくべきであると。

 

なのに国内ばかりに目を向けて、外に目を向けようとしない傾向が強過ぎる日本に「ハッキリ言ってウンザリしている」と(笑)

 

ホリエモンの分析と、このサイトを結び付けて考えてみた

 

この考察と、このサイトを結びつけて考えてみたとき、このサイトの「日本製ビンテージバイク」の情報を世界中に晒してみたらどんなことが起こるのか?

 

日本製の旧車、ビンテージバイクはカフェレーサーのベース車両として海外でも人気があります(圧倒的な人気を誇るのはHONDAのCB750Four)。

 

ところが日本人は欧米のカフェレーサーのカスタム文化をほとんど知りません。

 

一言で「カフェレーサー」と言っても、欧米と日本ではカスタムのやり方が全く異なっていて、それぞれ独自のカスタム文化を持っている上に、マニアックな世界なのでマスメディアに取り上げられることも殆ど無かったからだと思います。

 

だから日本も欧米も互いのカフェレーサー文化を殆ど知らない。

 

未だに英国のカフェレーサーといえばトライアンフやBSA、トライトンというイメージばかりで、HONDAやYAMAHAが好んでカフェレーサー仕様にカスタムされているという事実すら殆ど知られていない気がします。

 

だからこのサイトで一番の人気があるのは、欧米のカフェレーサーが好んで日本製のビンテージバイクをベースにカスタムしていることを伝えた記事です。

 

みんなが知らないことを伝えることができたから、一番人気記事として成立しているのかと。

 

これと同じで、恐らく欧米人も日本独特のカフェレーサー文化のことを殆ど知らない(と思う)。

 

であれば、日本独特のカフェレーサーカスタムの文化を発信すれば面白いんじゃね?

 

これを試してみたくて、実は3か月ほど前にこのサイトとリンクしたFacebookページを作ってみたのです。

 

 「Japanese Vintage Motorcycle(日本のビンテージバイク)」と題して、日本独特のカフェレーサーカスタム車両の写真を20枚程度と映像を1つだけ掲載。

 

そして試しにFacebook広告を試してみたら、たったの5000円でFacebookページに1000人近くもの人があっという間に集まってきた!!!

(これ、物凄いコストパフォーマンスだと思う。ふつうはこれの1割にも満たないと思います)

 

これはスゴイ・・・と思いつつも、そのあとはFacebookページは完全に放置プレイ状態で全く更新せず。

 

それでも、そのFacebookページを経由して毎日誰かしらの外国人の方が見てくれているようなんです。

 

だからこのサイトは日本語オンリーにも関わらず、利用者の1%は外国の方だったりします。

 

いずれ英語版のサイトを追加して、記事も英語版を用意して、ロケールによって切り替えるようにしたいな~。

 

なんて漠然と考えていたけど、ホリエモンの本を読んだらすぐに試したくなってきた。

 

というわけで、急きょ英語対応させてみました。

 

もちろん、全ての記事を一瞬で英語化させることはできないので、まずは2記事だけで・・・

 

4月の「キャノンボールフェスティバル2016」の記事と「ゴッドスピードユー!BLACK EMPEROR.」の2記事です。

 

欧米人はフェス好きだし(偏見)、日本のカフェレーサーは暴走族だし(独断)、きっと日本独特の暴走族は外国人にとってとても興味深いものに違いない・・・

 

ドキドキしながら英語化した記事へのリンクをFacebookページに投稿してみた・・・

 

そしてGoogleアナリティクスというアクセス解析ソフトを使って、海外からのアクセスをリアルタイムに見ています。

 

投稿から約1時間。今のところ殆ど反応は無い・・・

 

ま、気長にやってみます。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP