「早起き」習慣をつける方法。この5つを守るとうまくいく!

もともと僕はすごい朝方で、5年間以上のあいだ朝の5時前に起床してました。

 

自分だけの仕事に、自分だけの時間を確保して取り組むためです。

 

もっと時間が欲しい・・・早朝だけじゃなく、昼も夜も最大限に仕事に取り組みたい・・・という思いは少しずつ夜にも侵食し、現在は夜の就寝時間が2時近く。

 

そんなこともあって、当然ながら最近は起きる時間が大幅に遅くなってます。

 

遅いときは8時過ぎなんてことも。

 

もちろん無条件で早起きが良いとは思わないし、人によっては夜の方が気持ちが乗ったり、むしろ朝はゆっくり寝ていた方がスッキリするって人もいるかもしれない。

 

つまりは、「自分にとってのベスト」は自分にしかわからない。だから周囲の情報に振り回されながらも、自分なりに自分だけのやり方を見つければ良いと思う。

 

なんて知った風な口を叩きながら自分を振り返ってみると、やっぱり「夜型」よりも「朝型」の方が充実している気がします。

 

やっぱり早起きの方がスタート時の気持ちが全然違うのです。

 

朝起きて時計を見たとき「5時」なのか「8時」なのかで、全然違う。

 

起きた瞬間に時計を見て「8時」だと「ヤバ!!もうこんな時間か・・・」という罪悪感だけど、「5時」であれば「よし!今日は○○に取り組むか」と言う具合に、起きた瞬間に既に気持ちが後ろを向くか前を向くか分かれるからです。

 

この違いがデカイ。

 

そして早起きをしていた頃に身に着けた、早起きする秘訣は5つ。

 

1.寝る直前にはなるべく食べない。

(寝ている間に内臓が働き続けるから、翌朝の寝起きが悪くなる)

 

2.酒を飲み過ぎない。でもリラックスして寝るためにビール1本程度飲む。

(お酒は覚醒作用があるので飲み過ぎると眠りが浅くなるそうです)

 

3.カーテンを開けて寝る

(なるべく朝日を浴びるように)

 

4.12時には寝る

 

5.二度寝しない

 

そんなわけで、昨日の夜からまた早朝仕事を再開するために上の3つを実践した(4つ目の「12時には寝る」は実践できず「1時半」に寝た)!!

 

そんな努力の甲斐ありまして、今日の朝の起床時間は8時10分前。

 

明日から真面目にやります☀

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP