意外と知られていない暴走族映画「狂い咲きサンダーロード」知ってる?!

先日紹介した旧車乗りのための(?)映画「マッド・マックス」。

70年代ZやCBがドッサリ出演する映画なのでまだ観てない方は是非!そして6/20公開の第4作「マッド・マックス 怒りのデスロード」も観に行きたい!!このマッド・マックスの第1作は旧車好きや映画マニアや年寄りたちには言わずと知れた超有名作品。

そして旧車が多く登場する有名映画は他にも「爆発!暴走族」や「湘南爆走族」「実録暴走族シリーズ」「荒くれナイト」など色々とあるけれど、このサイトを見てくれている人はだいたい知っているかなー。なんて思ってみたり。

でも意外と知られていない旧車暴走族映画で、石井聰互監督の「狂い咲きサンダーロード」ってのがあるんです。

主演は2009年に53歳の若さで亡くなった山田辰夫や小林稔侍、舞台演出家の中島陽典、音楽は泉谷しげるというそうそうたるキャスト。「こんな名作誰でも知ってるだろ!!」と感じた人は結構年がいってますね・・・。

そしてこの映画も暴走シーンでホークやKH、Zなどの旧車が結構出てくるので楽しいですよ。

この映画を紹介したのは、旧車が登場するだけでなく、石井聰互監督作品のパワーのスゴさ。監督がこの映画を撮ったのは本人デビュー直後の大学生のころ(!)というからスゴイ。初めて観たとき「こんな映画を大学生が監督したのか?!」と正直なところ信じられなかったのです。

この作品を撮る前に石井監督は「シャッフル」という不良少年の映画を製作してますが、こっちも不良パワーがハンパない。こちらの映画は旧車は出てきませんが、不良パワー丸出し&神経丸出しヒリヒリの荒くれ映画だし、上映時間が30分という短さからも気軽に観れるので是非。

下のポスターは「シャッフル」より。カッコいいでしょう!?凄いインパクトでしょう?!シャッフルなんて当時は無名だった室井滋や、後にドキュメンタリー監督として有名になった森達也も出ているからスゴいです。自主製作の超低予算映画なので室井滋はギャラがカップラーメン一個。森達也はそれすらもなかったそうですが、旧車暴走族映画「狂い咲きサンダーロード」と神経丸出しヒリヒリの不良映画「シャッフル」2作品ともスゴい映画なので観てみてください!両作品ともTSUTAYAの宅配でレンタルできますよ

Shuffle

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP